ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

蒲田の宮郎はガシワシ系を目指しているのだろうか

8月頭、久しぶりに宮郎へ。

カウンター席は椅子が減ることなく、以前のキツキツの間隔のままだ。

そうえば、今はなき蒲田二郎も狭かった。

ラーメンヤサイニンニクアブラ

スープは前回に続き、乳化控えめの量多め。

以前の少量濃厚はやめてしまったのだろうか。残念だ。

麺は以前に増して太く不揃い感が多少ある。

今の宮郎は、以前の、桜新町の陸のような美味しい系二郎から、それこそ、同じ蒲田で競合となる鷹の目と同じようなガシワシ系二郎を目指してるのか。

またしばらくしたらこよう。