ramen papa log

最新カメラでファミリービデオを撮る

富士フィルムX-T5は動画撮影でも素晴らしい(感想&作例)

Canon EOS R7, SONY FX30, Nikon Z30, Fujifilm X-H2sと比べても、富士富士フィルムのX-T5は動画カメラとしても十分すばらしい性能と使いやすさを持っていると感じます。

良いところ1 絵がきれい

富士フィルムがあらかじめ用意するフィルムシミュレーションの色調がどれも素晴らしく、動画においてもしっとりとした格調ある映像を残すことができます。 Logで撮影してカラーグレーディングするのも面白いですが、手軽に素敵な色合いがフィルムシミレーションを通じて手に入る点が、Fujifilmのカメラの魅力と思います。

良いところ2 物理ボタンが便利

動画撮影を日常行っているビデオカメラマンなどの方には、FX30のような動画専用撮影機のUIが適切と思われますが、私のような趣味で撮影しているだけの者にとっては、デジタルボタンでの各種設定変更を無意識に体に覚え込ませるほどの必要性はありません。

富士フィルムの付加価値であり、遊びの要素でもある軍艦部の物理ダイヤル群は、動画撮影においても、デジタルボタンに比べて必要なアクション数は増えますが、楽しさとアナログの確実さの体感を両立した機能と思います。

良いとろこ3 ハードもソフトもスペックが高く、UX高し

ハードは、処理能力、センサー、大きさ、重量等、競合と比べても競争力高いです。何より遊びの部分(軍幹部の物理ボタン)が使っていて面白いです。

ソフトは、FX30等の動画優先のUIほどではないですが、動画撮影向けの機能が揃っています。(私のレベルにおいて) AF等の動きも私の用途(ファミリービデオ等)では何ら気になることはありません。何よりFimsimulationで出てくる絵が素敵です。

作例


XF35mm F2にNDを装着し、手持ち撮影です。 色は標準のPROVIAです。 自然な色合いでありながらもどこか記憶的雰囲気が感じられます。