ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

塩ラーメンがジャンクでうまい「壱角家 三田店」 東京チカラめしが横浜家系ラーメン屋にリニューアル ★★

田町からの帰り道、新しくできた壱角家で塩ラーメン。
ここは東京チカラめしが力尽きた跡地。

 

壱角家 三田店とは

ネットで調べると、東京チカラめしを経営していた三光マーケティングからユウシンに東京チカラめしの68店舗を売却。
それら店舗が壱角家や野郎ラーメンなどの店舗に生まれ変わっているとのこと。

壱角家は横浜家系ラーメンを名乗っている。
通常、家系を名乗る場合は吉村家を源流とする複雑な系譜があるが、壱角家については不明。
まぁチェーンだし気にしなくていいや。

 

塩ラーメン アブラ多め を注文。


きつね色のスープ そしてリッチなアブラの層


塩スープは動物臭くてクリーミージャンキー うまし

 

評価
★★☆☆☆

 

店の雰囲気・客層
東京チカラめしがそのままラーメン屋にシフトした感じ。
席は広々はしてないが、綺麗目。

三田という場所柄、学生とサラリーマンが主たる顧客層。
チカラ飯の時からターゲット層に大きな変化はないと思われる。

 

コメント
家系の塩は基本的にジャンク度が高くてうまい。
もちろんここの塩もうまい。
しかし、チェーン展開が甚だしすぎて食べるありがたみに欠くのが残念だ。

 

関連記事

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ食べ歩きランキングはこちら