ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

恵比寿のル・ビストロで絶品パテとテリーヌ フレンチな豚を食らう ★★★★

株主優待としてお食事券をもらう

母親がミサワという会社の株主だったそうだ。
同社はインテリアショップのunicoやLe Bistroなどの飲食店を経営。
なぜ母親がそのような会社の株を見つけ出したかは謎だが、同社のお食事券をもらったので、LE BISTROへ。

2年ぶりの恵比寿。金曜日で賑わっている。
駅前のミニストップで買ったチューハイを飲みながらスバルの本社前を通ってル・ビストロへ。

ル・ビストロ 恵比寿


恵比寿、麻布的雰囲気


豚マーク


炭火焼きフレンチの店 だそうだ

豚といえば野猿二郎の男らしい豚や、関内二郎の美味なロール豚が思い出されるが、今回は二郎ではなくフレンチだ。
はたしてどんな豚を出してくれるのだろうか。

今回はあらかじめcena経由でコースを注文。


おちついた雰囲気


ナイフとフォーク


まずはビール


乾杯

そしていよいよ料理が登場。


シャルキュトリ
豚のパテ、鶏のレバームース、豚の頭のテリーヌ、豚肉のリエット
どれがどれだかわからないけどすべてが相当の美味


最低1人3皿はおかわりすべし


これだけで生きていける


魚登場


結構ボリューミーなサラダ


今度は焼魚登場


さっぱりした味付け


いよいよ豚登場


外側はカリッと焼きあがった豚


中はジューシー


デザート 甘くない大人の味


Tea


 

評価
★★★★☆

 

店の雰囲気
ウッド調と間接照明で雰囲気のある店内。
フレンチレストランのようにかしこまり過ぎることは一切なく、気軽に落ち着いて過ごせる。
客層も恵比寿の大人たち。

7時についた時は空いていたが、9時半過ぎには満席。
コースだと2~3時間のステイ。
この店は一回転しか想定していないのではなかろうか。非常にゆっくりできる。

 

コメント
うまいパンがおかわりし放題。
コースの品出しはゆっくり気味で、品数も多い。
特に最初の盛り合わせが絶品で、パンがススムススム。
パンを何皿も食べてすぎて、最後の肉が来るまでにお腹いっぱいになってしまった。
お腹いっぱい状態で現れた豚はかなりヘビー。
豚肉のうまみがしっかりつまった肉の塊。
これを美味しく食べるためにも、肉だけを改めて食べにこようと思う。

 

注意点

  • 盛り合わせがうまいからといって、パンをモリモリおかわりして、肉が来るまでにお腹いっぱいにならないように。
  • 豚メインなのでムスリムには不向き。

 

その他肉記事



にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ食べ歩きランキングはこちら