ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

宇都宮餃子 みんみんで焼き餃子を食いまくる ~男を磨く下野の旅 後編~

前回記事の続き。

 

益子のイチゴ狩りでイチゴを70個食べた後、北真岡の桜並木で蒸気機関車を見る。

 

真岡鐵道蒸気機関車

真岡鉄道では蒸気機関車が祝祭日に走っている。
運行日と時刻表はネットで見られる。

なかなか味のあるHPだ。
運行は昼前に一本あるので、イチゴ狩りの後にちょうどよい。


C11とC12による重連の勇姿。


小型の機関車ではあるが、益荒男ぶりに感動

 

餃子が食べたい

イチゴはほとんど水分なのですぐにお腹が減る。

私は栃木にきたら宇都宮餃子か佐野ラーメンを食べることを己に課している。
同行者が餃子がいいと言うので、近くのみんみん益子店へ。

しかし悲劇の臨時休業。
どこへいこうか。

 

ここまできてへぼい餃子を食べるわけにはいかない。
みんみんか正嗣レベルの餃子は食べたい。

しかし宇都宮市街は混雑が予想される。
ネットで調べた結果、両店の支店がある宇都宮市南部の雀宮へ行くことにした。

 

まずは正嗣 雀宮店へ。
事前情報では休みだったが、窓が空いている。
やっているのか?と思ったらテイクアウト専用だった。

 

続いてみんみん雀宮店へ。
昼時だが、タイミングよくテーブル席が空いていた。

 

宇都宮みんみん雀宮店

言わずと知れた宇都宮餃子のみんみん。
宇都宮中心部の本店や駅ビル店(今は駅の外に移動)には5回訪問。
とはいっても6年前の話。
先代の香蘭も健在だった時代だ。

今回、久しぶりにみんみんへ。


焼餃子×2皿、揚餃子×1皿、水餃子×1皿、ライスを注文


おすすめの組み合わせに「揚げ」は入ってないんだな


店内は味わい深い雰囲気


いい感じのローカル感

いよいよ餃子が登場。


焼き餃子
うまいものはシンプルで美しい


食べる前から美味しいのがわかる


揚餃子
焼き餃子には劣るが、アクセント代わりに最適


それだけで一つの料理にもなりうる完成度の水餃子


水餃子に卓上のラー油と醤油を直接入れて自分好みのスープにして食べる

 

評価

★★★★☆

 

店の雰囲気・客層
ローカル感満載の店舗。古くて簡素で小奇麗。
テーブル2卓とカウンターのみで1度に4組ほどの受入キャパ。
訪問時は幸運にもテーブル席が空いていたが、店を出るときには5組ほどの行列。

ここは餃子ができるまでしばらく時間がかかるので、回転が早いとは言えない。
行列ができている場合は、しばらく待つことを覚悟する必要あり。

訪問時(土曜の昼)は、地元を中心としたファミリー層がメインだった。
また、持ち帰り用の餃子を買いに来るだけの客も多かった。

 

Good points
・非常にうまいさっぱりした焼き餃子を安いコストで楽しめる。
・さっぱりしてるので大量に食べる楽しみが味わえる。

 

コメント
みんみんや正嗣などの焼き餃子に比べると、都内の餃子は誤って油に落としたのではないかと思える。
蒲田の金春などの餃子もうまいのだが、みんみんに比べると表面に無用の油がつきすぎだ。王将しかり。

みんみんの餃子も十分油で揚げたうまみはあるのだが、すっきりしている。
世の中にグッチョリジューシーな餃子が多い中、みんみんではさっくりジューシーな餃子を食べられる。
なのでバクバク食べてしまう。
毎日食べたい餃子だ。

こうしてイチゴと餃子で男に磨きをかけ、東北道をビューっと走って帰宅。

 

おまけ


友人の資産家。彼女募集中。

関連記事

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
食べあるきランキングはこちら