ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

ストリクトなラーメン二郎 西台駅前店

二郎各店の個性

各二郎にはそれぞれ特徴がある。
立地など様々な要因があるが、最も大きな影響力を持つのは店主(店長)である。
二郎は店主によるオペレーションが全て。
各店の雰囲気も味も店主によって様々。

殺伐系、大衆系、ストリクト系など色んなタイプがある。
ストリクト系といえば相模大野や上野毛が該当するが、西台二郎も相当だ。

ラーメン二郎西台駅前店


高島平の団地群


高架下に看板あり


高架下を進み


実に男臭い立地・客層


入店、席待ち、麺だし、退店、細やかな指示がある。
助手へも厳しい指示が常に飛ぶ。
店内は常に緊張状態。
ゾクゾクする。

 

10時50分に到着。
開店から3ロット目の着席。
店内には店主の鋭い湯切り音が響く。
11時にはファーストロットの麺が提供開始。
客は皆、コール以外の声を発することなく静かに時を過ごしている。
これぞ二郎だ。

11時10分になり、いよいよコール。


ヤサイニンニク


益荒男振り

 

スープは非乳化。

麺はストレートだけどデロ気味の最高の歯ごたえ。

 

厳格な指揮者たる店主によって統制されたオーケストラのような二郎。

ポップな二郎ばかり食べて精神が弛緩している人間は、ここで大豚を食べて気を引き締めたい。

関連記事

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ食べ歩きランキングはこちら