ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

Polo GTIのHIDキットが届いた

ドイツの道は暗い

VolkswagenPolo GTIを購入して大いに気に入っているのだが、少々難点がある。

その一つがヘッドライトの暗さだ。
 
ドイツは街中以外に道路灯が非常に少なく、アウトバーンや郊外の道は真っ暗。
しかし郊外の一般道は100Km/h、アウトバーンでは150Km/h超での走行となる。
自分が後続走行なら問題ないが、単独走行や先頭になった時にはなかなかつらい。
闇の中での高速走行ではノーマルのハロゲンライトの光量が不十分に感じるのだ。
 

格安HIDをAmazonで注文

ということでAmazon.deでHID(キセノン)を注文。
もちろん中華製の安価なHIDを選択。
35ユーロ。日本円で4000円ちょっと。
 
DHLから不在通知が来ていたのでDeutsch Postのオフィスに受け取りに行く。
 
あまりに梱包が軽かったのでもしかしてバルブだけ買ってしまったのか?と一瞬不安になったが、ちゃんとバラストも入っていた。
10年前にZ3に取り付けたサンヨーテクニカの重量感ある合金バラストとは大違い。
プラスチックでも十分な耐熱性を有する時代になったのだなと前向きに解釈した。
f:id:tokyo-olympic:20151210033240j:image
怪しいパッケージ
 
一緒のタイミングで注文したポロ用のバルブ取り付けステーが届いたら、装着しようと思う。
 

f:id:tokyo-olympic:20151210033311j:image

試しに家の中でバッテリーを繋いで点灯チェック&空焚きしてみた。
なかなか白い。