ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

DP1s, GF3, RX100, XZ-1, WX5, Galaxy Note II の比較

 


画質比較の前に各機の特徴をセンサーサイズおよび使用感を中心に。(6機種間での相対比較)

順番はセンサーサイズ順。

SIGMA DP1s

センサー:

  • APS-C相当(Foveon製 1,400万画素 他のベイヤー式とは構造が異なり、400万画素×3層)

良点:

  • シンプルなインタフェース。

欠点:

  • 液晶がしょぼい。
  • 暗所が手軽に取れない。(手持ちならば日中の屋外の明るい所専用。夜間は本体の固定&マニュアルフォーカスが必要。)

備考:

  • 屋外スナップ、風景向き。RAW現像が前提。

 

Panasonic DMC-GF3

センサー:

  • 4/3インチ(Panasonic製 1,210万画素)

良点:

欠点:

  • フルオート前提の作りのため、細かく設定するにはUI操作が少し面倒。(コンデジならオートでもいいが、せっかくフォーサーズなのでいじりたくなるため。

 

SONY DSC-RX100

センサー:

  • 1インチ(SONY製 2,020万画素)

良点:

  • とくになし。

欠点:

  • とくになし。

 

Olympus XZ-1

センサー:

  • 1/1.63インチ(Panasonic製 1,000万画素)

良点:

  • 細かく設定するための操作性がよい。

欠点:

 

Sony DSC-WX5

センサー:

  • 1/2.3インチ(SONY製 1,220万画素)

良点:

  • 手軽。

欠点:

  • 詳細設定は一切できないが、そもそも上記機種とはターゲットが違う。

 

SAMSUNG Galaxy Note II (SC-02E)

センサー:

  • 1/3~1/4インチくらい(詳細不明 Samsung製 800万画素)

良点:

  • いつでも持ち歩く。

欠点:

  • 「カメラで写真を撮っている」という満足感は味わえない。