ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

天下一品の辛子ニンニクを最大限味わう

天下一品の辛子にんにくがどうしても食べたい

 
いてもたってもいられなくなり、最寄りの天下一品 六本木店へ。

 

ちなみに六本木店はアトラスが運営するフランチャイズ店。
都内の天下一品の多くは同社の経営。

 

いつ何時も豚キムチ定食セット


間違いのないセット


スープはもちろんこってり

店員に個別に声掛けし、辛子ニンニクの壺をもってきてもらう

 

まずは辛子ニンニクを豚キムチの皿にてんこ盛りにして、豚キムチと一緒に辛子ニンニクを頬張る。

芳醇な香りが口に広まり、翌日まで確実に臭い。

 

豚キムチと辛子ニンニクを1:1の割合で食す。

天下一品の豚キムチは単調な味だが、辛子ニンニクと一緒に食べることで満足感が格段に増す。

  

そして、いよいよラーメンに辛子ニンニクを投入だ。

レンゲに辛子にんにくの大きな塊を入れ、スープで少しづつ溶きながら味わうのが最高だ。

決して、ドンブリ全体にニンニクを溶かすようなことはしない。

そんなことをしたら、天下一品のスープの味が、すべてニンニクでかき消されてしまう。 

 

最後に、ライスに辛子ニンニクを大量に載せ、こってりスープをかけて溶いて食べるのもまたいい。

  

いずれにせよ、己の吐息が超絶臭くなるから、食べる前に翌日の予定まで考慮する必要がある。