ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

東京モノレールをeos mで2K raw撮影 Magic Lantern

スポーツセンターでの親子体操教室の帰り道、東京モノレールを撮影しました。

自転車の前座席には3歳の娘が乗った状態であり、ゆっくりと撮影はできません。

スポーツセンター界隈でよさげな場所を自転車で巡りながら、サドルに跨ったままサササッと撮影しました。

普段は2.5Kモードでの撮影が多いのですが、今回は2Kモードを使ってみました。

2Kモードでは、モニターで確認できる映像=実際の記録映像であり、フレーム落ちなくリアルタイムで映像が確認できます。

普通のデジカメなら当然のことですが、eos mでは当然ではありません。

eos mでの高解像度撮影時には画面切替の手間がかかる

eos mで高解像度を得ようとすると、2.5Kや2.8Kが最大となります。

しかしそれら解像度の場合、モニター上で次の2つのモードを切り替えて撮影しなければなりません。

  • ピントや露出の確認モード:一般的なデジカメと同じような実際の映像画面ですが、数倍にクロップされた画面となり、本来の画角は把握できません
  • 画角確認モード:撮影されている画角での映像が表示されます。しかし、極端にフレームレートが落ちており、コントラストや彩度も低く、画角の把握以外には全く使えません

そのため、2.5Kや2.8Kで映像を撮る場合、ピントや露出確認用の画と、画角確認用の画面を行ったり来たりしなければならず、撮影時に手間がかかります。

しかしながら、2Kモードでは、多少解像度は落ちますが、この2画面切り替えが不要となります。

普通のデジカメのように、見たまんまの画面で、画角、ピント、露出が確認できるのです。

今回撮影してみましたが、大変便利でした。
今後、画面を切り替える余裕がなさそうな撮影の時(主に子供とのお出かけ)には、2Kモードを使いたいと思います。

芝浦から汐留方面を望む