ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

Nikon Z30のピクチャーコントロールを使って撮影した夜の渋谷(撮影メモ)

Nikon Z30にはピクチャーコントロールというカラーフィルター機能があります。

約20セットもあるのですが、これが結構どぎつい色合い(=コントラストと彩度が高い)が多く、使い勝手は微妙です。

しかし、そのどぎつい色合いも、ネオンには合うのではないかとふと思い、夜の渋谷へと向かいました。

今日は自転車ではなく、バスで向かうことにします。

ピクチャーコントロール「ブルー」

ピクチャーコントロール「ブルー」で撮影しました。
バス内の白色LED照明の冷たさを強調する色合いです。

渋谷に到着し、まずはピクチャーコントロール「メランコリック」で撮影します。
しかし、メリハリに欠く映像だったので全てボツにしました。

ピクチャーコントロール「トイ」

次に、ピクチャーコントロール「トイ」で撮影しました。

シアン&マゼンダが強調され、ネオンとの相性がとても良いです。
コントラストはさほど高くなく、フラットでシネマティックな雰囲気が感じられます。

ピクチャーコントロール「デニム」

次に、ピクチャーコントロール「デニム」で撮影しました。

「トイ」よりマゼンダ寄りの色合いとなり、コントラストも強めです。
印象的な映像になります。

夜もふけ、1時になりました。

ピクチャーコントロール「ゾンバー」

続いて「ゾンバー」で撮影しました。
冒頭のカットのみ22時代ですが、それ以外は1時の渋谷です。

ゾンバーは特定の色への傾倒がなく、コントラスト強めです。
白い光をはっきりと捉え、デニムやトイより硬い雰囲気を演出するのに向いていると思います。

ピクチャーコントロール「レッド」

最後に「レッド」も試してみました。

オレンジ系の色合いで、電球色と合います。
渋谷のノスタルジックな景色に適用してみました。

既に2時。翌朝は7時に起きて朝食を作らねばなりません。 タクシーで帰宅し、シャワーを浴びて寝ました。