広尾の将軍バーガー shogun burger @eat play works

東京の外食文化の先端を行く店たちを狭いスペースにぎゅっと凝縮したお手軽で面白そうな飲食施設が広尾にオープン。

元々白金のバーガーマニアに行こうと思っていてネットで色々調べていたらこの施設がオープンしたことを知ったので、1階最奥の将軍バーガーへ。

トリュフテリヤキバーガーを注文。

オーバーキャパシィ感が顕著なオペレーション風景。

QRコードでの注文方式に不慣れな客をフォローする余力がなさそう。

そのうちなにか起きてしまうのではないかと心配でしかたがない。

そんなことを考えながらビールを飲んでしばらく待っているとハンバーガー登場。

非常にうまし

これまでの生活スタイルではお目にかかることのなかった平日日中の広尾の独特の客層やスタイルが私には大変目新しく、おもしろく感じた。 またこようと思う。

おくむらの焼肉ランチに肉大盛りが登場

会社の勤務形態が恒久的に在宅勤務となり、7月から保育園も再開していたが、仕事でトラブルが続き外でランチができていなかった。

ようやく仕事が落ち着いてきたので、久しぶりに外でランチ。 12時前に同じく在宅勤務の妻と焼肉おくむらへ。

前回は緊急事態宣言が出る前に食べにきたが、その時は既にコロナが広まりつつあり、周りに客がいることで疑心暗鬼な気持ちで焼き肉を楽しめなかった。

今回ランチメニューを見ると、なんと「肉大盛り」が追加されているではないか。

いつもは妻とデラックス×2の注文だが、今日は「上カルビ肉大盛り」+「上ハラミ肉大盛り」。

おくむらはハラミこそ最上と思っていたが、上カルビもなかなかうまし。

満足して帰宅。

r.gnavi.co.jp

改装明けの三田二郎でブヨブヨ麺

久しぶりの三田二郎

3週間前のことになるが、午前中に打ち合わせの予定がなかったのでAM10時に三田二郎

改装後初めての訪問。

確かに机は新しくなってはいるが、全体的な汚さは以前と変わらず安定。 息子が調理。

小豚ヤサイニンニク

今日はデロ麺を通り越してブヨブヨ麺。塩分が相当強い。

途中、吐き気を催すも、精神力で回避。速攻で食べ終え、店を出る。

今日は残念な回だったが、またこよう。

麻布十番の盛運亭でチャーシューメン

新装開店した麻布ラーメン本店にいこうとしたら休み。並びの笑の家も休み。しょうがなく盛運亭へ。

チャーシューメン900円

チャーシューがしょっぱうまし。

なんかタバコ臭いと思ったら、調理を終えた店のおやじが客席でタバコを吸いながらテレビをながめていた。

盛運亭
〒106-0047 東京都港区南麻布2-7-26
900円(平均)
r.gnavi.co.jp

残念な味になっていたラーメン宮郎@蒲田

蒲田の二郎系4店

蒲田の二郎系といえば、

  • ラーメン二郎JR西口蒲田店(鶴見二郎が移転。2019年末閉店。)

  • ラーメン大(20年前はラーメン二郎蒲田店。堀切二郎の系列で、同店と同タイミングで二郎を離脱。)

  • ラーメン宮郎(つけ麺宮元のセカンドブランド)

  • ラーメン鷹の目(獨協大学前にある二郎インスパイア店の2号店)

この中で、最も完成度が高いラーメンが宮郎であった。

完成度の高さで言えば、世田谷区桜のラーメン陸クラスの出来であった。(陸のほうが丁寧な作りでおいしいけど)

しかしながら、2ヶ月ぶりに宮郎に訪れると、残念なことになっていた。

f:id:tokyo-olympic:20200127023646j:plain

しゃばしゃばスープ、パサ豚

f:id:tokyo-olympic:20200127023737j:plain

宮郎といえば濃厚かつクリーミーで天下一品並に量が少ないスープが特長だ。 プレミアム感あるスープがたまらなくおいしかった。

しかしながら、今日は味が薄く、しゃばしゃば。 以前のスープをお湯割りしたかのような味わい。

豚もパサパサしていて、残念であった。

このままでは鷹の目に負けてしまう。 鷹の目は開店当初はいまいちだったが、現在は味も安定&向上してきている。

今回だけのブレだと信じ、また訪れたい。

五木食品 つけ麺 辛旨味噌 188g×5袋

五木食品 つけ麺 辛旨味噌 188g×5袋

  • 発売日: 2018/03/01
  • メディア: 食品&飲料

ジャスミンタイでガパオとトムヤムクン@六本木

タイに行きたい

沢木耕太郎著の深夜特急でタイはいまいちな扱いであったが、私には魅力的な場所だ。

独身時代はバックパックを背負って自由気ままに東南アジア各国を巡っていたが、今はそうにもいかない。

ここ10年、首都バンコクを訪れていない。

どれだけ変化しているのだろうか。

ということで、仕事の合間にジャスミンタイへ。

ちゃんとしたレストラン

タイ料理屋は安価で手軽な雰囲気の店が多いが、ジャスミンタイは所謂レストラン格。

かといってそこまで高くもない。

料理も丁寧なつくりでおいしい。

ガパオライスとトムヤムクンラーメン

f:id:tokyo-olympic:20200124124648j:plain

ガパオライス辛め

f:id:tokyo-olympic:20200124124609j:plain

追加のミニトムヤムクンラーメン

どちらもうまし。

D17 地球の歩き方 タイ 2019~2020

D17 地球の歩き方 タイ 2019~2020

深夜特急1-香港・マカオ- (新潮文庫)

深夜特急1-香港・マカオ- (新潮文庫)

  • 作者:沢木 耕太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1994/03/30
  • メディア: 文庫

そば俺のだし@銀座ファイブ

銀座ファイブ

銀座シックスがお洒落デパートとして有名だが、そんなおしゃまスポットに毛頭用はない。

数寄屋橋ショッピングセンター改め銀座ファイブへと向かった。

俺のそば

ブックオフならびに俺の株式会社の創業者である坂本孝。

稲盛和夫の教えに対する坂本氏の思い出話を綴ったWeb記事を読みながら、肉そばを食べる。

f:id:tokyo-olympic:20200122152359j:plain

がっつり系のおいしい日本そば。

そばの繊細さはほとんどなく、ボリュームと食べごたえに重きが置かれ、ラーメンに近い効用。

うまし。

俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方

俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方

  • 作者:坂本 孝
  • 出版社/メーカー: 商業界
  • 発売日: 2013/04/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

心。

心。

稲盛和夫の実学―経営と会計

稲盛和夫の実学―経営と会計