ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

山下達郎のLove's on fireのMVにI feel Cokeのオマージュを発見

山下達郎「LOVE'S ON FIRE」のMVを見ていると、I feel cokeのオマージュと思われるシーンを発見しました。

ナイトクラブでテーブルゲームに興じるシーン

山下達郎「LOVE'S ON FIRE」

www.youtube.com

0:36〜テーブルゲームのシーン

80年代の伝説のCM I feel Coke ナイトライフ

www.youtube.com

0:16〜テーブルゲームのシーン

I feel CokeのCMについて

以前、製作関係者の記事を読んだのですが、全てセットでの撮影だったそうです。

改めて見返してみると、照明による明暗差の演出がバッチリですし、何より望遠で撮影された映像がたまりません。

望遠でフォーカスを明確にするとともに、圧縮効果で背景のネオンや人々を演出要素として用いています。もちろん前ぼけもさりげなく使われています。

広角や標準域では、F値を低くして背景をボカしたとしても、画角に入ってくる情報量は多いです。

一方、望遠では背景も切り取るため、情報量は絞られます。

山下達郎「LOVE'S ON FIRE」のMVは広角で撮影されています。 そのため、背景の情報量が結構多めです。

一方、I feel Cokeは全編望遠のため、被写体に没入させる映像となっていると思います。

I feel Cokeのような映像を撮れるようになりたいです。

おしまい

初フジマウント X-H2Sをポチる

ここ最近のCanon EOS R7, Fujifilm X-H2Sの発表により、消費行動を喚起されています。

デジカメ市場はマーケティングケーススタディに最適

私は趣味で子供たちや風景の映像を撮影しているだけなので、機材変更に必然性はありません。

しかしながら、あえて機動性や機能面の理由を作り出し、定期的に機材変更をおこなっています。

消費者に対し、このような新たな消費を喚起させるのがマーケティングです。

今の私は、カメラ業界のマーケターによる策略にハマっている状態です。

とはいえ、当の本人は新規プロダクトを手に入れるたび、高い効用を得ています。

デジカメ市場というのは、経済学の基本理論及びマーケティングの各種フレームワークが適用でき、ケーススタディにもってこいの世界に感じます。

前置きは以上です。

a7IV, GH6, R7, X-H2Sで迷う

前回の記事では、軽量(290g)で明るいSIGMA 18-50mm Xマウント用が年末に出るまでは、X-H2Sは見送り、R7を購入しようという結論でした。

2020-tokyo-olympic.hatenablog.com

しかし、6月4日、5日にヤフーショッピングのセール期間があり、

  • α7IVが26万😳
  • GH6が23万😳

ではありませんか。(paypayポイントの還元含めた数値)

X-H2S(30万)を比較対象とすることで、他機種がリーズナブルに見えてしまうレトリックです。

これにより妄想が始まります。

今持っているa7cは売却し、その他のαレンズ資産を活かしてa7IVでフルサイズ10bit動画ライフを満喫した方が良いのではないか。
ついでにマイクロフォーサーズのレンズ資産も活かし、最強の動画カメラと言われるGH6も試してみよう。
資金面(妻への言い訳)としては、市場価格より安価に調達できるのだから、しばらく試した上で気に入った方だけを残せば良いのではないか。

a7IVとGH6を同時購入する直前、たまたま自分のブログのアクセス数を見たところ、X-H2Sの記事へのアクセス数が非常に多いことに気がつきました。
R7の記事もアクセス数はありましたが、X-H2Sはその数倍多い状態です。

無論、この結果はgoogleアルゴリズム次第であり、X-H2Sの注目度が絶対的に高いということを示している訳ではないです。

しかしながら、発売から数ヶ月を経ているa7IVやGH6よりも、せっかくだから新製品に飛びついてみようと考えを改めました。

ヤフーショッピングにて、X-H2Sも市場価格より多少安価な29万半ばで予約しました。

FUJIFILMといえば、スチルに熱狂的信者が多いですが、今回、スチルのスペックを全く見ることなく、趣味の動画用途のみでX-H2Sを選ぶという、罪深い行動をしてしまいました。

到着が待ち遠しいです。

FUJIFILM X-H2SとCanon EOS R7のどちらを買うべきか 動画コーデックに圧倒的な差

FUJIFILM X-H2SとCanon EOS R7が発表されて以来、どちらを注文すべきか悩んでいます。
現時点のように、スペックを調べて悩んで頭の中であーだこーだ考えている時が、一番楽しい時期だと思います。

動画コーデックの違い

両機種とも、4:2:2 10bitの内部収録(Log)に対応しており、カラーグレーディング耐性は高いです。
その上で、対応コーデックに圧倒的な差があります。

R7 : H264, 265
X-H2S : Apple Prores HQ/422/LTに対応 さらに外部出力でProres Raw, Blackmagic Rawに対応😳

これは圧倒的な差です。

無論、子供のお出かけ動画撮影においては、Rawおろか、422も必要ないと思います。
R7のC-logのH265収録でも、大変綺麗なことでしょう。

とはいえ、私のように編集工程自体が目的化している者にとって、Prores 422での収録や、外部出力とはいえBlackmagic Rawに対応しているということは、それだけで撮影の楽しみを数倍に膨らませてくれる要素となります。

動画機能を見れば、X-H2Sが圧倒しています。

重量の違い

子供とのお出かけカメラなので、重量も考慮しなければなりません。

R7:612g
X-H2S:660g

圧縮効果でとる映像がエモさをUPさせてくれるため、子供とのお出かけ時には、高倍率の便利ズームを使いたいです。

2020-tokyo-olympic.hatenablog.com

高倍率ズームの選択肢は次の通りです。
Canon:RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM 310g
FUJIFILM : XF18-120mmF4 LM PZ WR 460g

合計重量は次のようになり、Canon有利です。
R7 : 922g
X-H2S : 1120g

Xマウントは軽量な動画向きレンズが・・・

高倍率ズームの場合、Xマウントには400gを切るような軽量なレンズがありません。
明るめの標準ズームの場合は、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS(310g)があります。
しかしながら、2022年度末にSIGMA 18-50mm F2.8 DC DN(290g)が予告されており、どうせ購入するならF2.8通しで軽量で設計も新しいSIGMAを買いたくなります。

ということで、今日時点の結論は、

  • X-H2Sが動画性能的に素晴らしいけど、現状は動画向けのレンズの選択肢が今ひとつ。
  • まずはR7+18-150mmを買って、年末にSIGMA 18-50mm F2.8 DC DNが出たらX-H2Sを考える。

となりました。

Fujifilm X-H2Sが動画撮影機として素晴らしそう

本日X-H2Sが発表されましたが、動画撮影機としてのスペックが素晴らしいです。

ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-H2S」新発売 | 富士フイルム [日本]

  • 6.2K/30Pや4K/120P 4:2:2 10bitの映像記録に対応
  • 4K/120Pのハイスピード動画撮影も実現
  • ProRes 422 HQ・ProRes 422ProRes 422 LTの3つのApple ProResコーデックに新たに対応.
  • ダイナミックレンジを14+stopに広げた「F-Log2」を新たに搭載

4:2:2 10bit, ProRes 422 HQへの対応により、カラーグレーディング耐性の高い高品質な動画を記録できます。

4K120Pへの対応により、スローモーション演出が可能となります。(私は使いませんが)

肝心の重量も660gと比較的軽量なので、APS-Cのコンパクトなレンズ群と合わせても持ち運びが苦になりません。

CanonのR7も動画撮影機として気になりますが、X-H2もとても良さそうです。
ただ、店頭予想価格が35万程なので、R7より10万円以上高めです。 私はまずはR7を試したいと思います。

↓改めてX-H2SとR7の動画機能と携帯性について比較してみました。
2020-tokyo-olympic.hatenablog.com

2020-tokyo-olympic.hatenablog.com

ズーラシアの動物たちをeos mで動画撮影

遊具が充実しているズーラシア

子供と一緒にズーラシアに時々行きます。
ズーラシアは、動物園でありながら、立派な遊具があります。
我が家の場合は、動物をほとんど見ず、ずっと遊具で遊んでいます。
特に「サバンナの遊び場」がお気に入りのようです。

動物たちの映像

www.youtube.com

eos mにmagic lanternを入れ、2.5K rawで収録したものをdavinci resolveでカラーグレーディングしています。

新一の橋交差点【麻布十番散歩】

新一の橋は、都道319号と415号の交差点です。
ほぼ東西南北の十字路となっています。

都道319号は「環状3号」、415号は「麻布通り」という名称が与えられていますが、どちらの名称もマイナーです。

Youtube

www.youtube.com 新一の橋交差点の様子です。

麻布通り

飯倉〜新一の橋

丘陵地である麻布台からの下り坂となっています。(永坂)
麻布通りの起点となる六本木一丁目から、頭上に首都高が覆いかぶさっており、本交差点にて古川上空へと抜けていきます。
坂の西側にある麻布永坂町はお屋敷街となっており、参議院議長公邸や、著名な実業家の邸宅があります。

新一の橋〜白金方面

片側4車線のストレートであり、見通しが良いです。
古川と並行するため、二の橋、三の橋、古川橋といった交差点名が続きます。

環状3号

六本木ヒルズ〜新一の橋

麻布の窪地を抜ける道となります。(日ヶ窪町)
江戸期は、六本木交差点付近を水源とする水路が、芋洗坂を下り、古川に注いでいたそうです。
旧道は麻布十番商店街通りであり、環状3号は戦後整備された道となります。

新一の橋〜赤羽橋方面

麻布通り沿いに流れてきた古川は、一の橋で向きを変え、環状3号と並行して東京湾へと向かいます。
赤羽橋、将監橋、金杉橋といった交差点名が続きます。

一の橋公園

本交差点のシンボルといえば一の橋公園でした。
麻布十番祭りの際には、ドイツ大使館等の出店が並ぶエリアでした。
しかしながら、治水工事(古川地下調節池)の基地として、ここ10年間は閉鎖されていました。
そしてこの度ようやく、公園として復活することになりました。
完成が楽しみです。

ムーミンバレーパークに遊びに行く eos m magic lanternで動画撮影

少し前のことですが、ムーミンバレーパークに3歳と2歳の子供と一緒に遊びにいきました。

ムーミンバレーパーク

飯能にある施設です。 北欧コンセプトを全面的に押し出したセンス高めの施設です。

とはいっても、ハイセンスすぎて利用者が馴染めないことはなく、逆に、コンセプトがキープできずにローカル化(例:もとはおしゃれレストランだったところで焼きそば販売)に陥ることもなく、綺麗にコンセプトが維持されています。

ムーミンバレーパークには斬新なアトラクションや、豊富な遊具はありません。 訪問者が歩き回れる敷地も大して広くありません。 しかしながら、自然との共生要素を現代的かつ巧に取り込み、訪問者に価値として提供することができていると思います。

マーケティング的にとらえれば、ムーミンSDGsを掛け合わせた、現代のあるべきテーマパーク施設となっています。

事業主が、旧来の大手不動産や鉄道会社ではなく、フィンテックグローバルというファイナンスの会社であるのも、面白い点と思います。

ムーミンバレーパークを訪問してみると、ディズニーランド等のアトラクションと消費中心のテーマパークは一昔前のコンセプトであると感じます。 同様に、多くの商業施設を手掛ける三井不のビジネスアプローチも今一つに感じます。例えば渋谷の宮下公園の再開発をおこない、綺麗で人が集まる場所になったものの、三井不が得意とする商業施設中心の収益モデルから抜け出せず、どこにでもある商業施設の屋上に公園を載せただけのものとなっています。 人々の消費ニーズは満たしているものの、社会課題へのアプローチが足りていないように感じます。

Canon EOS M + TTArtisan 35mm F1.4で動画撮影

www.youtube.com

TTArtisan 35mmはマニュアルレンズですが、絞りリングとフォーカスリングの操作性が抜群によく、直感的に操作できます。 ただ、eos mに装着すると一切の手振れ補正がないため、撮影時には最新の注意が必要です。