ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

秦野、宮ヶ瀬ツーリングと246号への硬派な姿勢

1/13(土)



まだ風邪がなおりません。
昼くらいに友人が部屋を訪ねてきて、宮ヶ瀬湖方面にバイクでいきたいと言いました。
これを聞いてだまっているわけにはいかず、CBR1000RRでツーリングに出発しました。



246号で厚木・伊勢原までいっきに下ります。
途中鶴巻温泉の先のマックでテリヤキセットを食べます。(携帯クーポン)



秦野市にはいってすぐ、ヤビツ峠に向けて右折します。
ここから急に勾配が大変きつくなり、山岳路となります。



タイトコーナーを攻めまくります。
先週の富士ツーリングではハングオンスタイルのライディングを忘れかけていましたが、ヤビツにおいては腰の落としこみが思うように出来、アドレナリンがでまくりです。
1速と2速を8000回転まで使って果敢に攻めます。
途中菜の花台で秦野市街を見下ろします。
Img_0964_5
相模湾も一望できます。



ヤビツ峠をすぎると、道が急激に細くなります。
1車線道路です。
峠から宮が瀬にかけては一切通行量はありません。
外灯もなく、夜は完全な暗闇です。
崖沿いの峠道が30キロほど続いているだけです。



ここを走るのは3度目です。
前の2回はXJR1200とシルバーウィング600のときです。
XJR1200のときは転倒しています。そのときはZZR1200の友人も転倒しました。



以前来たときは道を飛び跳ねて横切る雄鹿とゆっくり歩く親子鹿に遭遇しています。
今回もやはり鹿が飛び出してきました。
バイクにおびえることなく、道をゆっくりと横切り、崖下に下りていきました。



闇の中でバイザーを空けてHIDで前をしっかり照らして、落石と砂利を踏むことなく轍にタイヤをとられないように、なおかつ動物の飛び出しに気をつけつつ、この速度で飛び出してきたらおしまいだなぁと思いつつ、攻め続け、宮ヶ瀬に到着しました。
その後は412号と413号で橋本まで出て、16号と246号を170kで安定巡航して帰宅しました。
246号に対してしっかりとした走りができました。



帰宅後、バイクをグランドアクシスに乗り換え、日吉のらすたでラーメンを食べました。
やはり横浜家系ラーメンの中では私はここが一番好きです。
隣の客が最初からニンニクと生姜を大量いれてかき混ぜているのを見て悲しくなりました。
わざわざらすたにこなくてもそんなことしたらどこでも同じ味になるのに。



横浜家系は完全にニンニク負けしてしまうスープです。
家系にニンニクは決して入れてはいけません。
ニンニクと他との相性というものは、二郎を長年食べているとよくわかります。



その後、溝口温泉にいきました。
2時間ほどゆっくりしたのち、帰宅しました。



以上