ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

SJCAM SJ4000+(plus)をaliexpressで購入してみた

UPQの新製品発表を見ていると、急激にアクションカムとジンバルが欲しくなってきた。

といってもUPQOEM製品を買うのはつまらない。

やはり本場中華の最新製品をゲットしたい。

f:id:tokyo-olympic:20150818210543j:plain

 

どのカメラを買うか

中華アクションカム市場は混沌としている。

アクションカムの本家はアメリカのGoProだが、中華市場ではGoProのコピー商品が乱立している。

そんなコピー商品の中で一歩抜き出ているのがSJCAMだ。

当初Goproのパクリから始まったSJCAMだが、今ではアクションカム界隈におけるXiaomi的存在だ。(紛らわしいことにXiaomi自体もYiという名のアクションカムを出しているけど、スマホほどのポジションは得られていない)

 

主に4000シリーズ(SJ4000, SJ4000WiFi, SJ4000Plus)と5000シリーズ(SJ5000, SJ5000Wifi, SJ5000Plus)があり、安価で必要十分な性能を誇る。

(ちなみにUPQのアクションカムもスペックから判断するとSJ5000のOEM製品と考えられる)

今回、SJCAMの製品から選定することにした。

 

決め手は60fps

映像にスローモーションを効果的にいれたいので60fps対応機種が必要だ。

参考 スローモーション映像


となると4000plusと5000plusが対象となる。

4000より5000シリーズのほうが映像センサーによいものを使っているのだが、5000plus特有の黄色い絵が気に入らない。

そのため、SJシリーズ最新作となる4000plusを購入することにした。

 

Aliexpressで注文

Aliexpressで送料を含めた最安値を調査。

ポイントは送料だ。

Aliexpressはデフォルトで送料無料の店の出店が多いが、ほぼ全てshipmentが30日超だ。

短納期化するには別途費用が必要なのだが、店によって運送業者や価格が異なる。
いかに安いコストで短納期化できるかが大事だ。

結果として、私は本体+予備バッテリー&チャージャーで$133、配送が3~6日となるEMSオプションが$6、合計$139だった。

 

到着が待ち遠しい。