ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

Nikon Z30は子育て世代に最適なカメラと思う

Nikon Z30は子育て世代に最適なカメラと思います。
日常から家族旅行に至るまで、これ1台で動画も写真も十分なアウトプットが得られています。
私はCanon EOS R7やFUJIFILM X-H2sといった高機能なカメラも保有していますが、Z30が最も利用頻度が高く、大変気に入っています。

以下、Z30が優れている点を述べていきたいと思います。

1. 携帯性と画質の両立

乳幼児とのお出かけは荷物が多くなりがちな一方、子供と一緒に機敏に行動できることが望ましいです。

機動性のみを重視すればスマホカメラがベストですが、センサーサイズの小ささゆえボケ量が弱く、なおかつ広角メインのメリハリに欠く絵になりがちです。
記録写真としてはスマホカメラで十分ですが、エモーショナルな写真を量産するのはなかなか難しいと思います。

エモい写真の定義は人それぞれですが、一般的には前ボケや後ろボケ、圧縮効果などを用いることで、印象的でエモい写真・映像を表現することができます。
そのためにはセンサーサイズの大きさや焦点距離、最短撮影距離といった要素が重要となります。
となると、スマホカメラだけでは不十分であり、カメラ専用機が必要となります。

この先は、求めるクオリティ(=センサーサイズ+高性能レンズ)と携帯性の相反する要素間で妥協点を見つけることになります。

Nikon Z30は私にとってちょうどよいバランスのカメラです。
スマホコンデジと違ってポケットには入りませんが、邪魔にはならないコンパクトなサイズ感で、十分なセンサーサイズとシャープなレンズが得られます。

2. 俊敏な顔認識と的確な露出補正

AF最速のソニーのαシリーズと感覚的に何ら変わることなく、瞬時に顔認識をしてくれます。
また、顔に露出を合わせてくれるので(毎回ではないですが)、帽子を被った子供でも、顔が暗くならずに撮影できます。
jpgで明るくスッキリした写真を出力してくれます。
私のように動画がメインで静止画はraw現像せずにjpg出力のみという人にとって、標準jpgが明るく綺麗な写真を出力してくれる点は大変嬉しいです。

3. 処理スピードの速さ

起動、AF、撮影、再生に至るまでサクサク動きます。ストレスがありません。

4. 暗部耐性

フルオートで撮るとISOがぐんぐん上がってしまうことがありますが、それでも破綻は少ないです。
APS-Cセンサー+Nikonの画像処理技術が優れているのでしょう。

5. 優れたUI、ホールディングと操作性

物理ボタンとソフトウェアメニューがよく考えられており、操作性抜群です。
私はSONY, FUJIFILM, Canon, Nikonの最新ミラーレスを同時に使用していますが、ホールディング性や操作性においては、やはりCanonNikonが優れていると感じます。

ということで、Z30は大変良いカメラと思います。