ramen papa log

最新カメラでファミリービデオを撮る

新一の橋交差点【麻布十番散歩】

新一の橋は、都道319号と415号の交差点です。
ほぼ東西南北の十字路となっています。

都道319号は「環状3号」、415号は「麻布通り」という名称が与えられていますが、どちらの名称もマイナーです。

Youtube

www.youtube.com 新一の橋交差点の様子です。

麻布通り

飯倉〜新一の橋

丘陵地である麻布台からの下り坂となっています。(永坂)
麻布通りの起点となる六本木一丁目から、頭上に首都高が覆いかぶさっており、本交差点にて古川上空へと抜けていきます。
坂の西側にある麻布永坂町はお屋敷街となっており、参議院議長公邸や、著名な実業家の邸宅があります。

新一の橋〜白金方面

片側4車線のストレートであり、見通しが良いです。
古川と並行するため、二の橋、三の橋、古川橋といった交差点名が続きます。

環状3号

六本木ヒルズ〜新一の橋

麻布の窪地を抜ける道となります。(日ヶ窪町)
江戸期は、六本木交差点付近を水源とする水路が、芋洗坂を下り、古川に注いでいたそうです。
旧道は麻布十番商店街通りであり、環状3号は戦後整備された道となります。

新一の橋〜赤羽橋方面

麻布通り沿いに流れてきた古川は、一の橋で向きを変え、環状3号と並行して東京湾へと向かいます。
赤羽橋、将監橋、金杉橋といった交差点名が続きます。

一の橋公園

本交差点のシンボルといえば一の橋公園でした。
麻布十番祭りの際には、ドイツ大使館等の出店が並ぶエリアでした。
しかしながら、治水工事(古川地下調節池)の基地として、ここ10年間は閉鎖されていました。
そしてこの度ようやく、公園として復活することになりました。
完成が楽しみです。