ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

ASUS X205TAを持って韓国を旅してきた

旅パソコンとして購入した安価(3万)でコンパクト(11.6インチ)で軽量(980g)なノートPCであるASUS X205TA。
韓国旅行に持参してみた。

自称バックパッカーなので荷物はもちろんバックパック1つのみ。
しかし、機内で手元に置いておく用の小さな無印のウェストバッグも携帯している。

このパソコンはそのバッグに入るコンパクトさがGood。
また、安い製品なのでそんなに几帳面にならずに扱えるのがいい。
3日間の短期旅行なので充電器をもっていかなくていいのもGood。

これで機内やホテルで1日が終わる前に日記を書くぞ!

実際の使用履歴

1日目

機内:雪化粧の日本列島を眺めてビールを飲んで弁当を食べているうちにソウルに到着。→使用せず。
夜:1日中歩き続けた疲労感&酔っぱらい状態で、ホテルに戻ったらすぐ就寝。→使用せず。

2日目

1日中歩き続けた疲労感&酔っぱらい状態で、ホテルに戻ったらすぐ就寝。→使用せず

3日目


まったく使わないまま、帰りの金浦空港まで来てしまった。
出発まで30分ほどあったので初起動。空港のフリーWifiが使えることを確認して終了。→ちょっと使用。
機内ではビールを飲んでベイマックスをみて過ごす。→使用せず。

結論

これまでの経験上わかっていたことだが、私は旅先では体の限界まで行動して夜は酒を飲んで酔っぱらい状態でいることが非常に多い。
旅先で日記を書く時間を設けるくらいだったら、その分外に遊びに行って酒を飲んで楽しんだほうがいい。

調べものも現地SIMを装着したスマホで十分。空港での待機時間も飛行時間も今回はあまりに短すぎた。

次回の旅では必ず使うぞ!