ramen papa log

カメラと子育てと街歩き

2008年7月のまとめ 勝安房守

7/3
館林訪問。
昼は館林名物の花山うどんで釜揚げうどんを食べる。5回目。
麺がつるつるしていてとてもなめらかでおいしい。
讃岐のような太くコシがあるうどんとは違った別のおいしさ。
F1000018_3

夜は館林名物のとんかつの福よしでとんかつを食べる。2回目。
北関東を代表するトンカツ屋だけあり、ロースは口に入れると脂がじわっと溶けて素晴らしい食感。
さっくりジューシートンカツだった。

7/5 城南島
ジムにいった後、湾岸道路で羽田経由で城南島へ。
私は城南島と京浜島には一般人の平均の64倍くらい訪れている。
洞爺湖サミット前なので羽田近辺は厳戒態勢。
城南島でフクピカで車を磨く。
Img_2773
夕方、城南島を後にし、中本目黒店にいく。
7月限定メニューの半冷味丼+半蒙古タンタンメンを食べる。
F1000027_2
先月限定メニューの「冷やし味噌卵麺」のワイルドさに対して、今月の「冷味丼」はインパクトに欠く。
今月はしばらく中本は控えようと思う。

7/6
昼、横浜の一風堂でコクのない白丸を食べる。
F1000028
夜、ウェンディーズスーパーメガウェンディーズを食べる。
F1000029
肉肉しく、素晴らしく、最上級の味わいだった。

7/9
天下一品でこってりラーメン。
F1000033
天下一品を食べて7年目にしてやっと好きになってきた。

7/12(土)
弟と二郎号(Z3)で堀切のラーメン大(旧ラーメン二郎堀切店)へ。3回目。
二郎脱退および店舗移転後は初めての訪問。
限定の油そばを注文。
F1000047
さすが油そばの元祖だけあって、格別のおいしさ。
麺にからまる油のコーティングがたまらん。
一之江二郎のすき焼き二郎なみに、自らに禁忌を要するラーメンだった。
Img_2785
東向島駅にて 憧れのけごん号

夜はサーフィン好きの友人とアメフトの友人と渋谷の和民で久しぶりに飲む。
2軒目は道玄坂のGASPANIC。
3件目は円山町のHARLEM。
2時半には店を出る。
F1000046
円山町付近で吐き続けた後、5:00になったので帰ることにする。
途中、段差で左足を踏み外してくじく。かなり痛い。
渋谷から東横線に3時間乗って武蔵小杉に到着。
よく寝る。

7/13
午後、前日飲んだサーフィン好きの友人と池上の大勝軒でつけ麺を食べる。4回目。
Img_2786
スープがちょっと単調に感じ、後半の麺は味が飽きがちだった。
その後、横浜方面をドライブしたのち、お台場へいく。
ビーナスフォトでネックレスを買った後、帰宅。

7/15
天下一品でこってりラーメン。おいしい。
F1000044

7/16
2年ぶりに館林の森田屋へ。2回目。
ラーメン大盛り+モツセットを食べる。
F1000038
F1000039
F1000040
モツはプリっとしていておいしいし、ラーメンはとても澄んだスープかつ緩やかな手作り麺でやわらかい味でよい。
都内では味わえない豊かな味わい。

7/18
お台場のロッテリアでテリヤキバーガー。
絶品チーズバーガーの12倍おいしい。
夜は川崎の眺めのよい甘太郎で飲んで食べる。
F1000068
なかなかおいしい。

7/19
鴨川合宿
10:00くらいに起きて二郎号(Z3)でアクアラインで海ほたるへ。
Img_2803
なかなか壮大な眺め。
ファミマでおにぎりを2個買って食べる。
屋根をオープンにしてアクアラインを走ると大変な風圧。
鴨川道路を抜けて城崎海岸へ。友人らと合流して海遊び。
ここは駐車場が無料かつシャワーつきかつ海が綺麗かつ穴場的で空いているのでとてもよい。

午後、ベーシアで買い物をしたのち、友人の知り合いの民宿へ。
F1000059
バーベキューをして大変満足。
たくさん食べてたくさん飲んでちょっと吐いた。

7/20
早朝からしっかりしたご飯を食べ、海に行き、スイカ割りをし、鴨川かんぽの宿の展望浴場でいい気分。
友人を乗せてアクアライン経由で帰宅。渋滞がなく、とてもはやく家についた。
夜は一人でココイチでカレーを食べる。楽しい2日間だった。
F1000055

7/21
高津の清養苑で焼肉。
武蔵小杉近辺において本格的な肉が食べれる名店。
F1000054
ユッケ、レバサシ、カルビ、ホンモンが大変美味。特にホルモンの食感がよい。
ビール一杯+肉数品+麺or丼で最低5000円かかるので少し高い
でもおいしいので、牛角いくより絶対こっちにいこうと思う。

7/22
蒲田のくう快でラーメン。
横浜家系ラーメンをあっさり目にした感じ。ちょっと安っぽいが。
もう一度いこうと思う。
F1000052
夜はなか卵ですだちうどん。さっぱりした味。
F1000051
私はゼンショーグループの食べ物が好きなのだと思う。

7/23
蒲田のZOOTでチャーシューつけ麺900円
F1000050
魚介+とんこつ系で、トロミ+酸味+わずかなトンコツの臭みがあるとてもおいしいつけ麺。
麺は平タイプでつるつるした歯ごたえ。
チャーシューはやわらかく、綺麗な味付け。
とても丁寧にラーメンを作る蒲田のオススメ店。

7/24 カレーの日
蓮沼のインディアンでラーメン+カレーライスセット1200円 5回目
F1000049
透きとおった薄い塩味のラーメンを食べているうちに大変香ばしいカレーが出される。
このカレーがとにかくおいしい。高級ホテルのカレーのようだ。(食べたことはないが)
そして、カレーを一口食べてラーメンを食べると舌の感覚がかわるために、薄味のラーメンがちょうどよい味となる。
カレーと一緒に食べるラーメンがこれまたおいしい。チャーシューも醤油ではなく、塩の味付けで大変なうまさだ。
ここで食事をすると大変贅沢なものを食べた気分になれる。
F1000048
夜は港北のIKEAにいってIKEAカレー大盛りを食べた。
家で作るバーモントのような味がして、満足だった。

7/25
夕刻、友人とZ3でラーメン二郎立川店を目指す。
しかし、渋滞により閉店時刻に間に合わなそうなので、手前のラーメン二郎府中店にいく。6回目くらいの訪問。
F1000071
定番の小豚+チーズ850円を食べる。
F1000070
先日食べた正統派の桜台店に比べるとスープの酸味等ジャンキー度が目立つ。しかし、麺の食べ応えがあってよい。
荒ぶる府中。
帰りは一応立川二郎の店の前を通って場所を確認して帰宅。

7/26
友人とZ3で茅ヶ崎へ。
あいかわらずゴミだらけの汚い海だ。
F1000074
友人
帰りは134号で七里ガ浜へぬけ、朝比奈を切り通って金沢文庫へ。そのまま16号でシーサイドマリーナの三井アウトレットパークへ。
とくに買うものはなく、メガマックのセットを食べて帰宅。

7/27
三浦半島の海へいく。事前調査では長浜海岸がよさそうだったが、10時過ぎの時点で満車。かわりに油壷までいくことにする。
タイミングよく、500円の駐車場があいていた。
荒井浜へ行く。透明度は高いが、砂があらい。途中足の指を切って痛かった。
その後、砂浜から岩棚のほうへ移る。
F1000077
岬のほうにいくと人はほとんどおらず、スノーケリングしている人たちが数人であった。
水中メガネが落ちていたのでそれをつけてもぐったところ、ベラやフグなどの魚がおり、大変綺麗で驚いた。
魚を見つけるのが楽しくてずっともぐっていた。
岩棚で遠浅なのでもぐるにはとてもよいとこだ。
やはり潜るには砂浜より岩棚だ。砂煙が立たないため、透明度が高い。
F1000078
帰りに金沢八景の牛太ですき焼きの食べ放題をたくさん食べた。

7/28 昼
蒲田グランディオ 銀四郎
蒲田の駅ビルにできたつけ麺屋
F1000079
とんこつとカツオのWスープ。
複合商業店舗の中のため油断していたが、しっかりしたつけ麺だった。
麺はほどよい太さでちょい硬目。
とんこつとカツオのバランスが素晴らしく、最後までおいしく食べられ、後味もすっきりしている。
とんこつとカツオのWスープのつけ麺屋の代表格の「あびすけ@日吉」と比べると、
あびすけはかつお味が強烈&マイルドトンコツだが、銀四朗はすっきりかつお&すっきりとんこつと言える。
個人的にはつけ麺ではかつお&とんこつの組み合わせが最も好きなので、銀四朗は蒲田で一押しのつけ麺と言えよう。

7/29 昼 蒲田 麺屋ZERO1 無骨
蒲田のラーメン大(元 二郎)の隣のSガストの跡地にできた店。
いまはやりの二郎インスパイア系
F1000080
ガッツリ汁なし麺を選択。
F1000081
小さい店舗なのに店員は4人で多め。ただし、オーダーがまだ不慣れなようで20分待たされたといって怒って帰る客がいた。
そんなこんなで15分ほどで汁なし麺がきた。
見た目のインパクトは元祖汁なし麺であるラーメン大(旧堀切二郎)系と比べて非常に弱い。
味に関してもインパクトが非常に薄い。
店のコンセプトとして暗に二郎系の汁なしを標榜するからには油とタレのインパクトが非常に重要だと思う。
この店はそれが実現できてない。
ただのそこそこおいしい汁なしラーメンだった。